手紙を募集しています

テーマは「震災」「未来」「いのち」「ふるさと」
手紙の相手は自由です
あなたの想いを手紙に託して、お寄せください

18:30  第1

未来の祀りカフェvol.05

祈りの手紙朗読

於:本堂
18:30 Reading aloud letters forPrayer

皆さまからのお手紙を募集します
心に残る手紙は仏前にて朗読します

「震災」「未来」「いのち」「ふるさと」をテーマとした手紙を、俳優の紺野美沙子さんらが本堂仏前にて朗読いたします。手紙の相手は、生きている人でも、亡くなった人でも、あるいは故郷でも、大切な動物でも。震災を巡る皆様の想いに一人一人が耳を傾け、思いを分かち合い、3月11日の夜を共に過ごしてまいります。
 
寄せられた手紙は実行委員会にてすべて目を通し、特に心に響く手紙を仏前にて朗読いたします。選ばれた作品は当ホームページ上に掲載します。震災を風化させることなく多くの方と共に語り継いでゆくことを目的としています。 
 

We are looking for letters about 3.11(East Japan great earthquake disaster)
Letters that remain in our mind are to be read aloud.

Actress Misako Konno will read letters that you submitted. The theme of the letter is either earthquake disaster , future , life or hometown. You can mail a letter to Anyone , Anything.(family , frend , animal , hometown , japan , fukushima , place, Deceased, anyone , anything is OK.)
Let's spend the night on March 11th.
 
We will review all the letters and choose 10 letters to remember. Selected letters will be posted on this website. Our aim is not to forget the historical earthquake disaster.

Estamos buscando cartas sobre el 3.11.
Las cartas que permanecen en nuestra mente deben ser leídas en voz alta.

La actriz Misako Konno leerá las cartas que hayas enviado. El tema de la carta es el desastre del terremoto, el futuro, la vida o la ciudad natal. Puede enviar una carta a cualquier persona, cualquier cosa.(familia, familia, animal, ciudad natal, japón, fukushima, lugar, fallecido, cualquiera, cualquier cosa está bien.
Pasemos la noche el 11 de marzo.

 
Revisaremos todas las cartas y elegiremos 10 cartas para recordar. Las cartas seleccionadas serán publicadas en este sitio web. Nuestro propósito no es olvidar el desastre histórico del terremoto.


<写真:2018年3月11日・>安洞院本堂での朗読の様子

 

未来の祀りカフェvol.05

海外からの祈り

於:本堂
 
Prayer from abroad(Barcelona)
 

福島とバルセロナがひとつにつながる、
3.11をともに祈る人たちの言葉


We will present messages from people of Barcelona"KOREKARA JAPON".
Presentaremos mensajes de gente de barcelona"KOREKARA JAPON".

日本から遥か遠く離れた地でも、3.11に思いを寄せて下さる方々がたくさんいます。このたび、3.11祈りの日では、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ在住のつのだひろし氏が代表を務める団体「KOREKARA JAPON」(コレカラハポン)と相互協力のプログラムを企画いたします。同団体では毎年、日本の災害のためにチャリティイベントを継続して開催しています。
 
福島に寄せられた「祈りの手紙」の作品をスペイン語に翻訳しバルセロナに展示します。また、現地の人々が日本に寄せる想いや手紙を福島で紹介し、3.11当日の朝のバルセロナの浜辺で捧げられる黙祷の映像を当日の夜に上映する予定です。
遠く海を越えてつながる祈りを、皆様と分かち合います。
 
14718628_663404857166851_1533008108653065434_n.jpg 1932525_272037456303595_6035627714970513842_o.jpg 10985060_405136776326995_8064598174898593914_o.jpg 10827974_362831727224167_8453443416128034694_o.jpg 10828000_362831990557474_2651400020388556360_o.jpg 11021525_407339809440025_1986533625330248067_n.jpg 14975_407340679439938_3227071010937561670_n.jpg 12932953_575055769335094_5070226226823725629_n.jpg

【手紙応募要項Application requirements

詳細ご確認のうえ、以下の内容にてご応募ください。
募集期間 平成31年2月28日(木)※募集中
テーマ  「震災」「未来」「いのち」「ふるさと」のいずれかをテーマとしたもの
体裁   400文字以内

(郵送、FAX、メール添付、当サイトフォームのいずれか)
撰者   和合亮一(詩人)
表彰   特に心に残る手紙は311当日に本堂仏前にて朗読させていただきます。
受賞   該当作品数点 賞状と記念品贈呈
【送付先】
・郵送 960-8202 福島市山口字寺前5 安洞院「祈りの手紙」係
・メール tegami@311inori.net (ワードファイル等で添付してください
・FAX 024-533-6785

Application requirements

Please confirm details and apply with the following contents.
 
Deadline:February 28, 2019
Theme :The theme of the letter is either earthquake disaster , future , life or hometown.
Word count : 225 words
Compiler:ryouichi wago (poets)
▼For foreigners please apply from the form.
Recognition:Letters that remain in our mind are to be read aloud.
Award:Appreciation letter and a memento from the executive committee.

Requisitos de aplicación

Por favor confirme los detalles y aplique con los siguientes contenidos.
 
Fecha límite : 28 de febrero de 2019
El tema : El tema de la carta es el desastre del terremoto, el futuro, la vida o la ciudad natal.
Numero de personajes : 225 palabras
Compilador : ryouichi wago (Un poeta)
▼Los españoles por favor apliquen desde el formulario.
Reconocimiento :Las cartas que permanecen en nuestra mente deben ser leídas en voz alta.

Premio : Carta de agradecimiento y recuerdo del comité ejecutivo.

【記入事項】記入漏れの無いようご注意ください。

▼For only Japanese.
①氏名 ②年齢 ③性別 ④メールアドレス(メールの方のみ) ⑤郵便番号 ⑥住所(マンション名まで含む) ⑦手紙の相手は誰ですか? ⑧手紙のタイトル(なくても可) ⑨手紙文面(400文字以内) ⑩匿名希望の方はペンネーム

【諸注意】notes / notas

・応募作品は当ウェブサイトのコンテンツとして掲載します。また、今後の展示や冊子等の各種媒体に掲載される場合があります。応募の時点で内容の公表に同意したものとみなします。
・未発表のものに限ります。過去に類似のものに応募された作品や、SNS等に公開されたものは応募できません。
・応募された作品の出版権を含む著作権のすべては当実行委員会(宗教法人安洞院)に帰属し、応募された作品は返却できません。
・郵送の書式は問いません。ハガキ、手紙、原稿用紙、いずれでも結構です。
・メールの場合は本文・添付文書いずれかでお願いします(ワード、一太郎等。その他ソフトはご相談ください)

The chosen letter may be posted on this website or other publications.
We limit it to unpublished ones.
All rights including the copyright of the letters belong to Antouin.
Letters can not be returned.
For foreigners please apply from the form.

La carta elegida puede ser publicada en este sitio web u otras publicaciones.
Lo limitamos a los inéditos.
Todos los derechos incluidos los derechos de autor de las letras pertenecen a Antouin.
Las cartas no pueden ser devueltas.
Los españoles por favor apliquen desde el formulario.

▲「祈りの手紙」2019年の全作品を掲載しています
▲18時30分〜本堂の入場予約は定員に達しました
 

2/28をもって手紙の募集中は締め切りました

たくさんのご応募ありがとうございました。
朗読作品、応募作品は後日サイト上に掲載予定です。

HOME | tegami